[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
作者氏名
Eメール
作詞題名  
作詞本文
作曲のURL
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

失恋岬 投稿者: 黒鋼鉄男 投稿日:2018/04/24(Tue) 00:35 No.19  HomePage
失恋岬2018.4.10
泣いても戻らぬ男だよ
惚れていたのさ心から
怒涛逆巻く荒波が
女の心に砕け散る
ああああんたに捨てられて
吠える岬に立ち尽くす

女が悲しみ泣くように
吹いて荒れます海風が
馬鹿な奴だと嘲笑い
惨めな女にしておくれ
ああああんたに裏切られ
海と一緒に泣くだけさ

嵐の岬に捨てに来た
恋に破れた身の辛さ
甘い言葉に乗せられて
女の幸せ夢に見た
ああああんたを忘れます
海よ叱って泣いとくれ







名前 返信 文字色 削除キー

【 泣けてくる 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2018/04/22(Sun) 21:44 No.18 
夜明けまじかの メリケンパーク
埠頭の先端(さき)まで 歩いて行くわ
マドロス(船員)さんと 別れたばかり
ワインの酔いが まだ 残ってる

向こう岸 灯りの堕ちた モザイクの観覧車
見つめていたら 泪が出てきた
もう やせ我慢 しなくていいよね わたし

憎んでも 愛しくて 怨んでも 恋しくて
笑えるくらいに 泣けてくる 泣けてくる


錆びた舫杭 (ボラード) 腰かけてたら
カモメも一緒に 泣いてくれてる
マドロスさんに わたしの全部
一生分の 愛 あげたのよ

振り向けば ポートタワーを 朝の光が照らす
それでも明日は 来るものなのよね
もう 嘘つきで いなくていいのよ あなた

愛しくて 哀しくて 恋しくて 淋しくて
それでもやっぱり 泣けてくる 泣けてくる
名前 返信 文字色 削除キー

お父さんへの手紙 投稿者: 黒鋼鉄男 投稿日:2018/04/14(Sat) 05:09 No.15 
お父さん有り難う
あなたの娘で良かった
お父さん有り難う
見て下さい花嫁姿

良い事も悪い事も色々あったけど
素敵な家族に育てられて
沢山の幸せな思い出が
私の胸に溢れてきます
お父さんあなたは太陽の様に
大きな愛情惜しみなくくれた
今までどうも有り難う
あなたの娘で幸せでした

働き者のあなたは家族の為に
勤勉な主として仕事に励んだ
私の笑顔があなたの
仕事疲れ癒したと云う
天から授かった大切な娘は
宝物の様に育てられました
今までどうも有り難う
涙が溢れてやみません

私は嫁いで家を出るけれど
いつまでもあなたの愛娘です
今までどうも有り難う
きっと私幸せになります

お父さん有り難う
あなたの娘で良かった
お父さん有り難う
見て下さい花嫁姿
名前 返信 文字色 削除キー

いつまでもそばにいて 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2018/03/17(Sat) 15:38 No.3  HomePage
〜いつまでもそばにいて〜

あなたひとりだけよ
ほかにはいない
心のなやみを 話せるひとは・・
きれいな涙で洗った 胸の中に
ちいさな灯りを ともしてくれる
あなた グラシアス アモール ミオ
いつまでも いつまでも そばにいて
   
けさも夢をみたわ
やさしく抱かれ
あかるい小部屋で 暮らしているの・・
花がらフリルのエプロン なぜか似合う
あなたと一緒に 手料理つくる
あなた グラシアス アモール ミオ
しあわせを しあわせを かみしめて

涙がときどき あふれてしまうけれど
あなたを信じて 歩いてゆくわ
あなた グラシアス アモール ミオ
いつまでも いつまでも そばにいて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆グラシアス アモール ミオ Gracias, amor mio
 スペイン語で “ありがとう いとしい人よ” の意味
名前 返信 文字色 削除キー

エチュード 投稿者: みらく 投稿日:2018/03/13(Tue) 23:09 No.2 

ピアノは二度と弾かない
弾けばつらくなる
わかっているのに

桜の花を散らせる
雨が降るたび
弾きたくなるのよ

  つたないわたしのために
  あなたが書いたエチュード
  想い出はあざやかだけれど

  楽譜に青いインクで
  あなたが書いた記号は
  色あせて消えかけてる


あなたが愛してるのは
たぶんピアノだけ
わかっていたこと

わたしに振り向いたのは
ほんの気まぐれ
それでもよかった

  つたないわたしの横で
  あなたが弾いたエチュード
  まだ胸に響いてるけれど

  昔も今も同じね
  あなたが弾いたとおりに
  弾けなくて泣けてくる


  つたないわたしのために
  あなたがくれたエチュード
  ひとりには慣れたはずだけど

  弾いたら疼きはじめる
  あなたがくれた痛みに
  音もなく雨が降る



蜃気楼 > 桜雨が音もなく降り注ぐ道、ある家の出窓から漏れ聞こえてくるピアノの音色は、
きっと この主人公が爪弾いているエチュードなんですね・・・。
淡い、水彩画のような1シーンが 素敵です。 (3/31-13:34)
No.5
みらく > 蜃気楼さん、コメントをありがとうございます! ネットで見つけたピアノインストに合わせて書いてみました^-^ (4/2-15:53) No.6
蜃気楼 > 良い練習ですね・・・。 (4/3-16:08) No.7
みらく > ハイ! この詞自体がエチュードです^-^ (4/4-22:59) No.8
名前 返信 文字色 削除キー

さざめきの街へ 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2018/02/12(Mon) 21:33 No.1 
〜さざめきの街へ〜

  心が淋しがる時には
  さざめきの街へ出かけよう
  瞳(ひとみ)が安らぎの
  ひとときを探している

  街並み見回して歩けば
  初めての人とすれ違う
  だれかに似ていても
  だれだか思いだせない

  この頃 ときどき思うのさ
  おれたち 何をめざして
  いつまで頑張る つもりかと
  不思議な気分だよね

  生命(いのち)が淋しがる時には
  さざめきの街へ出かけよう
  街路樹の根元から
  夢など拾おうか

 遠くに 車のクラクション
 近くに 店のコマーシャル
 ある日の想い出 よみがえり
 ワインなど買っているよ

 心が淋しがる時には
  さざめきの街へ出かけよう
※ 触れ合いひとときの
 奇跡など信じている

※ refrain
     
名前 返信 文字色 削除キー

記事No 削除キー

- sakushi-fBoard -