祝!喜寿を迎えられた

(社)日本作詩家協会会長・星野哲郎さん


◆プロフィール◆   

正14年(1925)山口県東和町生まれ。高等商船学校卒。遠洋漁業の乗組員となるが大病を患って船を下り、約3年間の闘病生活を送る。昭和28年雑誌の懸賞に応募した詞が入選して作詞家になる。
日本コロム
ビア、日本クラウンの専属を経て、フリー。美空ひばり「みだれ髪」、北島三郎「兄弟仁義」「なみだ船」「函館の女」「風雪ながれ旅」「北の大地」、水前寺清子「三百六十五歩のマーチ」、小林旭「昔の名前で出ています」、都はるみ「アンコ椿は恋の花」「夫婦坂」などヒット曲多数。
紫綬褒章受章。勲三等瑞宝章受賞。
前、(社)日本作詩家協会会長、日本音楽著作家連合会長。東京都小金井市在住。79歳。

●若い人の詩の中に、宝石のような言葉を見つけることがある、と言います。
 才能ある若い人が、時間を惜しまず努力したら、今と違う演歌の姿が見えて来る
 と語る、そのやさしいまなざしは、あなたに話しかけているように見えます。
 現在でも、一日一つは詞を書かれているとのこと。
 私たちの尊敬する歌謡界の大先輩です。              多岐川・戸川 編

 
 星野哲郎オフィシャルWEBサイト